海菜寺 Unaji

WEB予約はこちら

MAP

TEL:0467-22-1416

海菜寺の独り言

  • 総料理長 湯本 誠

    総料理長湯本 誠

    1963年東京生まれ。
    日本橋の老舗「稲ぎく」で研鑽を積んだのち、アメリカ・香港・上海・マレーシア・台湾で五つ星ホテルの料理長を務めた国際派。
    帰国後の2006年より海菜寺総料理長。

  • マネージャー 江原 貞雄

    マネージャー江原 貞雄

    1977年生まれ。横須賀出身。
    海菜寺の料理に惚れ込んで、イタリアンの世界から和食に飛び込んできたソムリエです。
    和の料理とワインを合わせる楽しみをどんどんご紹介していきます!

  • 池原 優太

    池原 優太

    1990年10月31日生まれ。生粋の藤沢ローカル。
    2011年9月海菜寺に入社。
    ワインが好きで、只今ソムリエの下で勉強中。
    趣味は一人旅をし、旅先で美味しい物を食べ歩きをすること。

地中海の誘惑

その昔、日本で今ほどにワインが飲まれていなかった頃、

 

ポルトガル産の甘口のロゼワインがそのイメージを

 

決定付けてしまい、現在においても

 

その印象を拭いきれない感があります・・・。

 

 

 

今回ご紹介するワインは、

 

南フランス、プロヴァンス地方~辛口のロゼワインです!

 

「ロゼワインを口にする機会は少ない」という方も

 

いらっしゃると思いますが、

 

私が皆様にもっと召し上がって頂きたい

 

ワインのひとつです。

 

 

 

南フランス、地中海沿岸には小さな港町がたくさんあり、

 

そこで揚がる魚介類の名物料理と共に

 

もっとも飲まれているワインは、

 

南仏産のロゼワインだと思います。

 

魚介には白!というのはもっともな取り合わせだと

 

思いますが、比較的香りや味わいのしっかりとした

 

魚介料理にはロゼワインの方が良い場合があります。

 

(シンプルなお肉料理や野菜の煮込み料理等にも

 

バッチリです。)

 

 

 

ちょっとおしゃれに色合いや香りを楽しみながら

 

飲むのも良し、気にせずグビグビ飲むのも良し。

 

実はお料理との相性も幅広く、

 

使い勝手の良いワインなのです。

 

日本のコート ダジュール!と言われている?稲村ガ崎の

 

海菜寺から紺碧色の海を眺めながら飲むロゼワインは

 

最高です!!

 

 

 

海菜寺ソムリエお薦めのロゼは自然派の

 

造り手「ミラン」さん。香りは、お花のブーケやチェリー、

 

赤系ベリーの華やかでチャーミングな香り。

 

味わいは、白ワインのように爽やかな酸味でフレッシュな

 

果実実があり、ほのかな渋みがお料理との

 

相性を引き立ててくれます!

 

 

 

産地  フランス、プロヴァンス地方

 

造り手 ドメーヌ ミラン(自然派)

 

名称  ロゼ ウッフ・・

 

品種  グルナッシュ主体 メルロー、シラー。

秋のお月見

9月に入り、暦の上では秋になりますね。しかしまだまだ残暑が厳しい日が続いています。

それでも朝夕は涼しくなり、秋の訪れももう少し、といったところでしょうか。

 

今日(9月12日)は中秋の名月、この天気ですと夜も晴れて

絶好のお月見日和になりそうです。

 

海沿いでは、月明かりが海面にうつり、とてもキレイです。

 

海といいますと夏のイメージや晴れた昼間のイメージが強いですが、

夜の月明かりがうつる海もまた、情緒があります。

 

海菜寺ではテラスからこの景色がとてもよく見えます。

秋の夜長、海菜寺でお食事の際にテラスでお月見、なんてなかなか

ロマンチックではありませんか?

 

食欲の秋、ムーンライト海菜寺をよろしくお願いします。

この季節の楽しみ

季節の移り変わりは速いもので、ついに本日、ここ鎌倉も梅雨入りの発表がありました。

 

昨年より17日も早い梅雨入りだそうですね。

今後はぐずついた天気が続くと思うと少し憂鬱ですが、梅雨ならではの楽しみもありますね。

 

そうです、紫陽花の季節です。この鎌倉は紫陽花で有名な寺院が多くあります。

まずは北鎌倉の「明月院」、そして長谷の「長谷寺」、そして海菜寺のある稲村ヶ崎駅の

お隣の極楽寺駅すぐにある「成就院」です。

海菜寺では特に最後の成就院をオススメしてます!

極楽寺駅から歩いて3分ほどでしょうか、極楽寺切り通しにある成就院、紫陽花ももちろん、

少し高い位置にあるので由比ガ浜の海を見下ろせるスポットでもあります。

 

そして極楽寺駅から稲村ヶ崎駅までは徒歩でも約10分~15分、少しお腹を空かせてから海菜寺へいらして下さい。

海菜寺の階段にも紫陽花、ありますよ。

 

梅雨というと気分が滅入りやすいですが、梅雨ならではの楽しみを見つけて

明るく過ごしていきましょう。

「古都鎌倉ぶらり散歩」でご利用いただきました。

この度は東北地方太平洋沖地震におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 

少しずつですが、復興に向け、海菜寺でも出来る事、精一杯取り組んでいきます。

さる24日(木)に、鎌倉トゥディさま主催にて、「古都鎌倉ぶらり散歩」というツアーでご利用いただきました。

「咲き始めた鎌倉の桜散歩と湘南の海を眺めながら極上ランチ」という名目にて、震災後の時期ではございましたが12名の方々にお越しいただきました。

ツアーにお越しいただいた皆様の笑顔に励まされ、海菜寺として、今まで以上に皆様に笑顔を届けていくという使命を感じました。

海菜寺ではこのように観光ツアーの際のお食事などに対応しております。

25名様くらいまでのバスツアーなどにいかがでしょうか。近隣のパーキングも、

中型バスまで可です。

資料なども用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

海菜寺 ワイン会を開催しました。

早いもので今日から3月、寒い日と暖かい日を繰り返し、少しずつ春に向かっているようです。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

先日、ホームページやtwitterなどで告知していました”海菜寺 ワイン会”ですが、

2月20日(日)、27日(日)に開催しました。

この2日間の事、感じた事をこちらに書き込みます。

 

まず、我が海菜寺ではワイン会というモノを始めて開催しました。

その為、すべてが1からであり、正直準備や段取りなどで胃が痛くなる思いでした。

しかし、このワイン会、やってよかったと今は思います。

この2日間に参加していただいた皆さんの楽しそうな笑顔、いつもの海菜寺とは

また違った一体感もありました。

 

もちろん雰囲気だけではありません

。ワインは高須ソムリエの絶妙なセレクトの7種類(白4、赤3)を用意し、

そしてそのワインにあった料理を考案し、そして見事なまでに料理で表現してくれた

湯本料理長。まさに2人の匠が織り成すワインと和食の多重奏!

といっても過言はありません。

ワインの味に感嘆の声が上がり、お料理の味はもちろん、

その見た目にもまた感嘆の声、声、声・・・

 

そして店内の一体感!中にはお客様同士がワインや和食を通じて仲良くなり、

電話番号の交換といった光景も見られました。

 

皆さんに来てよかった! また来たい! 

とおっしゃっていただき、本当に嬉しく思いました。

 

欲を言えば私も参加して楽しみたかった!と本気で思える会でした。

美味しい食事、美味しいワイン、そして笑顔あふれる楽しい一時・・・ 

これこそがまさに、”海菜寺”ではないでしょうか。

 

今後も海菜寺では皆さんで楽しめるこのようなイベントを企画していきます。

この徒然ブログを読んでいただいた皆様とも、

いつか一緒に楽しい会を出来たらいいですね。

PAGE TOP